2011年07月08日

英会話学校勤務の苦い経験があるので…

110515_1727~01.jpg


英会話学校勤務の苦い経験があるので、

英語でリーディング専門 クローバー」では

1日平均4〜6レッスンしか作りません。☆




どういうことかというと…




私が講師として5年間勤務した「英会話のジオス

では1日最大8レッスンを担当していました。

8時間勤務で8レッスンということは

短いトイレ休憩をのぞいて、

常にティーチングをしているということです。



講師も人間なので

7〜8レッスン目になると疲労を感じ始めます。

(当時、睡眠をけずってレッスン準備をしていました)



目の前で生徒が一生懸命、英語を話しています。

私が聞きとれずSorry? を連発★

生徒は自分の英語が通じないと落ち込みました。



でも本当は生徒の英語に問題があったのではなく、

もう私の集中力が限界に達していたのです。



あれはつらかった。



他の講師(外国人も含め)もこぼしていました。


「これじゃー、ティーチング・マシンだな」


10人いた同期の8人が1年もたたず、退職しました。




こういう反省をふまえ、

クローバーでは生徒さんとしっかり向き合えるよう

ゆったりとしたレッスンスケジュールを心がけています。



レッスンとレッスンの間に30分のブランクを設け

生徒さんの学習進度を記録し、

次回のレッスンプランを作成しています





クローバーは今年始まったばかりで

正直まだあまり利益は出ていません。




でも「教育とビジネスのバランス」を大切にして

生徒さんとwin-win の関係を作っていきたいと

心から願っています。♪






英語でリーディング専門 クローバー

専任講師 アキヒロ





posted by Andy at 10:11| Comment(3) | TrackBack(0) | クローバーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

私の目標☆−クローバー講師として

CA392339.jpg

2011年1月に開講した

英語でリーディング専門 クローバー

3か月みなさんと走って、


入門講座  絵本シリーズ

初級講座  日本昔ばなし

中級講座T イソップ物語


の教材が完成しました。☆



このあと

中級講座U ローマの休日etc.

中級講座V 風と共に去りぬetc.

と準備していく予定です。




原書をやさしい英語でリライトした

ラダーシリーズの『風と共に去りぬ』を読んで

こんな壮大なスケールの物語(209ページ)が

これほど平易な英語で表現できるんだぁと感動。




この面白さをぜひ生徒のみなさんにも伝えたい!

と思いました。




そして入門講座で学習する表現が

中級Vの『風と共に去りぬ』でもふつうに登場。


「やっぱり、英語はつながってる。♪」


クローバーが用意しているカリキュラムにそって

学習していけば、いま入門の生徒のみなさんも

必ず『風と共に去りぬ』が読めるようになる!


そう確信いたしました。☆



クローバーが目指しているのは

生徒のみなさんにindependent reader

(自力で読めるひと)になってもらうこと
です。




近い将来、みなさんが"Gone With the Wind" を

楽しんで読んでいる姿をイメージして

今日もレッスンに臨みます。






英語でリーディング専門 クローバー

専任講師 アンディ立花





posted by Andy at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | クローバーについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。